ウェディングプランナーの資格をとろう|国内外で活躍するために

ブライダル業界での活躍

結婚

様々な異名を持つ

国際的に活躍したい場合にはブライダルプランナー検定を受験することや、国内においてもウェディングプランナーとしての資格が様々に展開され、ウェディングの歴史などの知識やプランナーとしての基礎、ブライダル会場での業務についてなどの検定内容に合格する必要があります。ウェディングプランナーの資格を取得することによって、挙式をプロデュースする仕事に就くことができ、プランニングのみならず、結婚を控えるカップルとのコミュニケーション能力も必要となるため、接客スキルも検定内容に含まれています。資格を取得することにより、結婚式場やホテル、さらには専門性の高いプロデュース企業に就職や転職することが可能で、プランナー・コーディネーター・コンシェルジュ・ソムリエなどの異名を持つのも特徴の1つです。

世界に目を向ける

ウェディングプランナーの将来性を見据えた知識の習得や資格取得は必要で、例えば、国際的に活躍するためにもウェディングプランナーには世界共通語のスキルを備えておくことも求められています。近年、ウェディングスタイルが変化を遂げていることも関係している内容で、国際結婚や海外での挙式をプランニングするケースは年々増加傾向にあります。コミュニケーションを図るにも日本語のみならず英語は必要性を持っており、海外のブライダル事情を把握するための研修や派遣なども企業によって展開されているため、大いに発揮される能力です。また、演出のプランニングにもポイントがあり、近年では低予算のニーズが高まっているものの、凝った演出は求められ続けているため、資格を有する者にはプランニング力は必須と言われている内容で、経験や実績が左右されるケースも挙げることができ、就職では専門性を高めることに気を配りたい内容です

幸せをコーディネートする

教会

ウェディングプランナーは、クライアントの要望に応じて会場・料理・演出など結婚式に関わる全般的なプランを策定したり進行管理を行ったりする専門職です。女性を中心に高い人気があり、多くの人が資格取得を目指しています。

もっと知ろう

人に感動を与える仕事

情報共有

ウェディングプランナーという仕事は、人に感動を与える仕事です。責任重大な仕事ではありますが、新郎新婦から感謝の言葉を受け、その分やりがいもあります。なので、ウェディングプランナーを目指す人が多くいます。ウェディングプランナーになるために、専門学校や通信講座で資格取得から目指しましょう。

もっと知ろう

結婚をサポートする仕事

新郎新婦

ウェディングプランナーになるための必須資格などはないと言え、資格取得を検討した場合には注意が必要です。効率的に目指すのであれば専門学校を利用すると、資格においても就職においても有利な場合があり得ます。

もっと知ろう