ウェディングプランナーの資格をとろう|国内外で活躍するために

幸せをコーディネートする

教会

若い女性に人気の職業

ウェディングプランナーといえば、ドラマや映画などに取り上げられたこともあって今や若い女性にとってのあこがれの職業の1つとなっています。ひと昔前の結婚式はホテルや結婚式場があらかじめ用意したいくつかの候補の中から、予算や規模に応じてプランを選択するといった方式をとるのが一般的でした。しかし現在では通常メニューにはない料理を出したり、演出に凝ったりと式のスタイルは多様化しており、この傾向は今後も続くものと予測されています。こうしたオリジナルな結婚式のコーディネートを担当するのが、ウェディングプランナーです。会場の設営から料理の手配、婚礼衣装の用意など、式の進行に関わるあらゆる準備を行う「仕切り役」として活躍します。

養成講座でスキルを学ぶ

ウェディングプランナーはホテルの宴会部門やウェディングプロデュース会社などに所属して働くのが一般的です。公的な資格は特にありませんが、業界団体が独自の資格認定を行っており、就職を希望する多くの人が受験しています。ウェディングプランナーの資格を取得するには、専門学校等における養成講座を受講して必要な知識を身につけるのが早道です。それらの養成講座では、ウェディングに関する一般的な知識だけでなく接客マナーや予算管理、プランニングの方法などウェディングプランナーとして働くのに必要な実践的なスキルを学ぶことができます。そのため資格取得の準備にとどまらず、就職後に実際に役立つ技能を身につけられる機会としても人気を呼んでいます。